akikoのプロフィールはこちら

【鍵盤図解あり】メジャーコード・マイナーコードの構成音|ピアノ|5度編

コード・楽典・音楽理論

3度の音はメジャーコードとマイナーコードを決める音というお話をしました

3度の解説記事はこちら

今回はコードを押さえる上でもう一つ覚えておいてほしい5度についてお話しします

akiko
akiko

メジャーコードとマイナーコードをマスターしましょう

コードとは

和音(重なった音)の響きのことで

コードの基本はトライアド(3和音)です

トライアドは、ルート+3rd+5thで構成されます

5th=完全5度(P5)

5th(5度)は日本語では完全5度

英語ではperfect5th(パーフェクトフィフス)でP5と表記した楽譜もあります

長3度+短3度の組み合わせ

CとG

ルートであるCから見て

C〜Eは長3度(M3)

E〜Gは短3度(m3)

になり長3度と短3度の音程の組み合わせを完全5度(P5)といいます

メジャーコードとマイナーコードの5度は同じ

このコードはCというコードでメジャーコード(明るい響きがする和音)です

このコードはCm(シーマイナー)というコードでマイナーコード(暗い響きがする和音)です

5度の音はメジャーもマイナーも同じですね

CもCmも5thは完全5度(P5)ということになります

トライアド(3和音)の5thは完全5度!

これを覚えておいてください

3度の確認
  • メジャーコードの3rdはルートから見て長3度(M3)
  • マイナーコードの3rdはルートから見て短3度(m3)

練習問題|コードを押さえてみよう

・F・Fm

・G・Gm

・A・Am

・D・Dm

答え

F→F、A、C

Fm→F、A♭、C

G→G、B、D

Gm→G、B♭、D

A→A、C♯、E

Am→A、C、E

D→D、F♯、A

Dm→D、F、A

太字=コード名

まとめ

  • コードの基本はルート+3rdト+5thで構成されるトライアド(3和音)
  • 3rdの音はメジャーコードだと長3度(M3)マイナーコードだと短3度(m3)
  • 5thはメジャーでもマイナーでも完全5度(P5)

コードにはたくさんの種類がありますが

基本はトライアドです

構成が理解できたら実際に弾いて

メジャーコード、マイナーコードの響きを確認してみましょう

机上での理解にとどまらず

演奏できるようにしていくことが大切です

コードを勉強している方のご参考になれば幸いです

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました