akikoのプロフィールはこちら

【音程】図解でわかる!6度音程|長6度・短6度を解説

コード・楽典・音楽理論


音程
とは2つの音の間隔を示すもので

単位は『』を使って表します

音程の数え方、長2度・短2度
長3度・短3度
完全4度
完全5度

6度

「ド」〜「ラ」

「ド」〜「ラ♭」の音の間隔を見比べてみてください

「ド」を基準に考えた場合

「ラ」の音は「ラ」と「ラ♭」の2つがあります

つまり

「ド」と「ラ」    「ド」と「ラ♭」は

どちらも6度です

ですが音の間隔は違いますよね

akiko
akiko

間隔の違う2つの6度について

みていきましょう

2つの考え方をご紹介します

理解しやすい方法で覚えてみてください

長6度

1.音程で考える

「ド」〜「ラ」は6度です

6度の中で完全5度+長2度の間隔を長6度といいます

「ド」〜「ソ」完全5度

「ソ」〜「ラ」長2度

完全5度+長2度=長6度になります

2.半音の数で考える

「ド」〜「ラ」は6度です

「ド」〜「ラ」の間に半音が1つだけ含まれています

半音が1つだけ含まれる6度=長6度になります

akiko
akiko

次に短6度を見ていきましょう

短6度

1.音程で考える

「ド」〜「ラ♭」は6度です

6度の中で完全5度+短2度の間隔を短6度といいます

「ド」〜「ソ」完全5度

「ソ」〜「ラ♭」短2度

完全5度+短2度=短6度になります

2.半音の数で考える

「ド」〜「ラ♭」は6度です

「ド」〜「ラ♭」の間に半音が2つ含まれています

半音が2つ含まれる6度=短6度になります

まとめ

6度には長6度と短6度がある

長6度の考え方
  1. 完全5度+長2度または、
  2. 半音が1つだけ含まれる6度
短6度の考え方
  1. 完全5度+短2度または、
  2. 半音が2つ含まれる6度

今回は6度の音程について解説しました

鍵盤で場所を確認しながら、実際に押さえてみて

和音の響きとセットで覚えていきましょう

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました