akikoのプロフィールはこちら

【音程】図解でわかる!5度音程|完全5度を解説

コード・楽典・音楽理論

音程とは2つの音の間隔を示すもので

単位は『』を使って表します

akiko
akiko

今までの音程の記事は下記からどうぞ

音程の数え方、長2度・短2度
長3度・短3度
完全4度

完全5度|P5th(Perfect 5th)

「ド」と「ソ」の間隔をみてください

」と「」は全音

」と「」は全音

」と「ファ」は半音

ファ」と「」は全音つまり

5度の音程の中で

全音全音半音全音の間隔のことを完全5度といいます

基準音を変えて考えてみよう

基準音を「ファ」にした場合

「ファ」と「ド」の間隔をみてください

ファ」と「」は全音

」と「」は全音

」と「」は全音

」と「」は半音つまり

全音全音全音半音の間隔で完全5度になります

※全音・半音の順番は関係なく、間隔が同じなら完全5度です

akiko
akiko

5度には他に増5度(aug)と減5度(dim)という音程もありますが

まずは完全5度を覚えましょう!

まとめ

  • 完全5度=全音+全音+全音+半音
  • 基準音が変わっても考え方は同じ

今回は完全5度の音程について解説しました

鍵盤で場所を確認しながら、実際に押さえてみて

和音の響きとセットで覚えていきましょう

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました