【簡単ピアノ】「summer」初心者|楽譜・ドレミ付き片手ずつ/両手動画あり

ピアノ初心者の方へ

ピアノで弾きたい曲の上位にランクインすることの多い名曲

久石譲さん作曲の「summer」初級者向けアレンジをご紹介します。

楽譜はぷりんと楽譜の

summer(久石譲)/ピアノ(ソロ)を演奏しています。

楽譜はこちら
Summer(久石 譲) /ピアノ(ソロ)
akiko
akiko

動画にドレミ・指番号をテロップで入れてありますので

みながら練習してみてくださいね。

summer|久石 譲

久石譲による楽曲。

1999年公開の映画『菊次郎の夏』のメインテーマで

同年、サウンドトラックも発売されました。

久石譲自身のコンサートやアルバムでも

ピアノソロやオーケストラなどさまざまな編成で演奏されています。

メロディーを伸びやかに演奏できると良いですね。

入門summer

調

オリジナルはニ長調(ファ・ド♯)ですが、

今回のアレンジはハ長調(調号なし)でアレンジされています。

演奏のポイント

右手

読譜について

楽譜で見ると、16分音符やタイが多く

複雑に感じるかもしれません。

いずれは楽譜を見てリズム通りに弾けるようになるのが望ましいですが、

それぞれのレベル(初心者・初級・中級)での読譜ができれば良いと思います。

今回のアレンジは演奏するのには初級者レベルですので

楽譜を見て「どうやって演奏したらいいかわからない。」という方は、

動画を何度も聴いてメロディーを口ずさめるくらいになってから弾いてみてください。

演奏のポイント

フレーズごとにスラーがかかっています。

スラーの途中で音が切れないように、なめらかに演奏しましょう。

左手

演奏のポイント

重音がたくさん出てきます。

できるだけなめらに演奏するために

指づかいを気をつけましょう。

<例>

1・2小節目はラ・ド[3・1] ファ・ラ[5・3]ソ・シ[4・2]で弾くことで

和音をなめらかにつなげることができます。

[5・3]や[4・2]は弾きづらいかもしれませんが

慣れていくようにすると良いですよ。

進行の仕方

A

B

1番カッコ:||

||:A

1番カッコを飛ばし2番カッコへ

そのまま最後まで。

強弱

基本的にはmf(メゾフォルテ)で

2番カッコ以降だんだん弱くして終わります。

まとめ

Summer(久石 譲) /ピアノ(ソロ)

楽譜出典:ぷりんと楽譜

を弾いていく手順をご紹介しました。

まずは片手ずつから動画に合わせて一緒に弾いてみましょう!

こちらの動画は”akiko’s room”にアップしています

よろしければチャンネル登録よろしくお願いします!

こちらの曲も人気です。よろしければチェックしてみてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました