ピアノで弾きたい人気曲【カノン】初〜中級ポイント解説|楽譜・演奏動画あり

演奏動画

カノン(パッヘルベル)の初〜中級アレンジの演奏動画

楽曲のポイント解説をご紹介します

楽譜はぷりんと楽譜の

カノン(Johann Pachelbel) /ピアノ(ソロ) 初~中級

を演奏しています

カノン(Johann Pachelbel) /ピアノ(ソロ) 初~中級

カノン|ヨハン・パッヘルベル

原題は『3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグニ長調』

カノンは同じ旋律を、違う時点からそれぞれ演奏する様式のことで

一般的には輪唱と言われている様式のことです

パッヘルベルのカノンはカノンの曲の中でも非常に有名な曲で

カノン進行と呼ばれる4小節の進行が繰り返されていることも特徴的です

【カノン】初〜中級アレンジ/楽譜あり|Canon beginner-intermediate piano solo

演奏のポイント

左手は4小節単位で同じ和音の進行が繰り返され

メロディーが少しずつ変化していきます

なめらかに1音1音を大切に、心を込めて演奏しましょう

2ページ目の16分音符はあわてないで

フレーズ感を大切に演奏します

調

原曲と同じニ長調(ファ♯・ド♯)でアレンジされています

ペダル

全体を通してペダルをつけなめらかに演奏します

基本は2拍ごとの踏み替えですが

音がにごっていないか、自分の音に耳を傾けながら演奏しましょう

音がにごったり、広がりすぎたりするようでしたら

1拍ずつ踏み替えて調整してみてください

まとめ

カノン(Johann Pachelbel) /ピアノ(ソロ) 初~中級

楽譜出典:ぷりんと楽譜の演奏動画とポイントをご紹介しました。

こちらの動画は”akiko’s room”にアップしています

よろしければチャンネル登録よろしくお願いします!

こちらの曲も人気です

よろしければチェックしてみてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました