【Far Away】初級|楽譜・ポイント解説|片手ずつ/両手動画あり

演奏方法解説

ドラマ『ミステリと言う勿れ』のサウンドトラックから

「Far Away」初級アレンジの動画弾き方のポイントをご紹介します。

akiko
akiko

両手と、ゆっくり片手ずつの動画もありますので

演奏の参考にしてくださいね。

楽譜はぷりんと楽譜の

Far Away「ミステリと言う勿れ」より(Ken Arai) /ピアノ(ソロ) 初級

演奏しています。

楽譜はこちら
Far Away「ミステリと言う勿れ」より(Ken Arai) /ピアノ(ソロ) 初級

Far Away|Ken Arai

初級Far Away

日本のミュージシャン、音楽プロデューサーであるKen Arai(ケンアライ)

による楽曲で「ミステリと言う勿れ」の劇中で演奏されました。

メロディーを丁寧に、伴奏はメロディーを際立たせて大きくならないように気をつけて

演奏するとバランスの良い仕上がりになります。

余裕があれば自身の音をよく聞きながら弾けると良いですね。

演奏のポイント

調

A〜F:ハ長調key=C(調号なし)

G〜I:ニ長調key=D(ファ・ド♯)

Gから転調していますので、♯を落とさないように気をつけましょう。

A(Aメロ)

やさしくメロディーを感じながら演奏しましょう。

左右ともに高音から始まりますが、Bからは音域が下がりますので

右側に移動して弾くのではなく、

体の重心を右に乗せて演奏すると良いでしょう。

B(Aメロ)

Aと同じメロディーですが、音数が増えています。

3〜4小節目は指寄せやくぐりをスムーズに演奏しましょう。

C・D(Bメロ)

Bメロです。

4分音符〜16分音符まで色々な音価が含まれますが、

一定のテンポで演奏することを心がけましょう。

E(Aメロ)

再びAメロです。

サビに向かって徐々に盛り上げて演奏しましょう。

F(サビ)

左右ともにfフォルテでしっかり演奏します。

最後の2小節はGに向かってさらにクレッシェンドしましょう。

G(A’メロ)

ストンと音量を落とします。

急に音域が上がりますので、

音を外さないように気をつけながら、力んで強い音にならないように気をつけましょう。

Aと同じようにやさしく美しいメロディーと響きを感じながら演奏しましょう。

H(A’メロ)

最後のサビに向かって徐々に盛り上げていきます。

I(サビ)

この楽曲の中で最も盛り上げます。

メロディーをたっぷりと感じながら左右ともにfフォルテで演奏しましょう。

終わりは徐々に小さくだんだんとゆっくりして

最後のアルペッジョをきれいに弾けると良いですね。

まとめ

Far Away「ミステリと言う勿れ」より(Ken Arai) /ピアノ(ソロ) 初級

楽譜出典:ぷりんと楽譜の演奏動画とポイントをご紹介しました。

こちらの動画は”akiko’s room”にアップしています

よろしければチャンネル登録よろしくお願いします!

こちらの曲も人気です。

よろしければこちらもチェックしてみてください!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

演奏方法解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
akikoをフォローする
タイトルとURLをコピーしました