【ドライフラワー】中級ポイント解説|楽譜・演奏動画あり

演奏動画

ドライフラワー(優里)中級の演奏動画

楽曲のポイントをご紹介します

楽譜はぷりんと楽譜の

ドライフラワー(優里) /ピアノ(ソロ) 中級

を演奏しています

楽譜はこちらから
ドライフラワー(優里) /ピアノ(ソロ) 中級

ドライフラワー|優里

シンガーソングライター優里の楽曲で

配信限定シングルとして2020年10月25日にリリースされました

オリジナルはギターで演奏されていますが

ゆったりしたバラードですのでピアノでも演奏しやすい楽曲です

左手の伴奏がさまざまなパターンに変化していきます

右手のメロディーとのコンビネーションがポイントになります

【ドライフラワー】ピアノソロ|中級アレンジ・楽譜あり
初級アレンジはこちら

演奏のポイント

イントロ

右手の付点のリズムと左手のベースのリズムの掛け合いを意識して

軽めに演奏しましょう

Aメロ

右手16分音符の細かいフレーズは力まないで丁寧に弾きます

左手はベースラインです

16ビートのリズムに乗って

右手メロディーとのコンビネーションを気をつけて演奏しましょう

Bメロ

左手の伴奏がアルペジオになります

なめらかに響きを感じて演奏しましょう

Cメロ|サビ

右手のメロディーが3度、6度の重音

左手の伴奏はストライド奏にアレンジされています

※ストライド奏とは:ルート(根音)を弾いたあとコード(和音)を弾く伴奏パターン

和音が増えて(右手)音域が広がることで(左手)

音に厚みが出て響きに広がりが出ます

f(フォルテ・強く)で盛り上げて演奏しましょう

D|間奏

2番へつながる間奏です

なめらかに演奏しましょう

E|(Aメロ)

2回目のAメロです

1回目と同じ左手は16分音符を含むベースラインですが

リズムが少し変化しています

右手のメロディーとのコンビネーションに気をつけましょう

F|(Bメロ)

1回目のBメロの左手はアルペジオでしたが

2回目BメロのFは、コードトーンを8分音符で弾いていくベースラインです

ビートを感じてハッキリと演奏しましょう

G|間奏

右手のフレーズをP(ピアノ)で丁寧に演奏しましょう

H|Dメロ

左手が白玉(全音符)からアルペジオに変化します

静かになめらかに演奏しましょう

I|C’サビ

3回目のサビです

mp(メゾピアノ)→f(フォルテ)で抑揚をつけましょう

J|エンディング

エンディングに向かってやさしく

最後はrit(リタルダンド)でだんだんゆっくりして静かに締めくくりましょう

まとめ

ドライフラワー(優里) /ピアノ(ソロ) 中級

楽譜出典:ぷりんと楽譜の演奏動画とポイントをご紹介しました。

こちらの動画は”akiko’s room”にアップしています

よろしければチャンネル登録よろしくお願いします!

よろしければこちらもチェックしてみてください!

弾き語り動画はこちら

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました