akikoのプロフィールはこちら

【初心者ピアノ】脱力を意識した練習方法3選

ピアノ初心者の方へ

初心者の生徒さんをレッスンしていて良くあるのが

手を痛めてしまって弾けなくなってしまうことです

せっかくピアノを始めたのに、痛めて弾けなくなってしまったら

元も子もないでですよね

痛める理由は手首や腕、肩に余分な力が入った状態で弾いてるからなのですが

今回はピアノを長時間弾いても疲れない脱力の方法についてお話しします

akiko
akiko

普段のレッスンで生徒さんたちにも意識してもらっています

練習をしていて手首が痛い、腕が痛い、肩が痛いということはありませんか?

それは打鍵していない間も力を入れ続けているからです

力を抜いて弾こうと思うと、フニャフニャな音、弱い音になってしまい

脱力して芯のある音を弾くのはとても難しいです

ではどうしたら力を蓄積しないでラクに弾けるのでしょうか?

拍手するとき、手をたたいたあとも力を入れ続けますか?

”パン”とたたく瞬間は力をいれていると思いますが

そのあと無意識に力が抜けていると思います

たたいたあと脱力できているんです

もし力を入れ続けながら何回も拍手をしたら

だんだん負担が蓄積して次第に腕や肩が痛くなります

これをピアノ演奏に応用するのですが

具体的にどうやったら脱力して弾けるのでしょう?

結論
  • 肩を上げて弾かない
  • 腕や肩に違和感を感じたら鍵盤から手を離し、腕や肩をブラブラさせストレッチする
  • ゆっくり弾く

肩を上げて弾かない

自分が演奏している姿を鏡で見ることはあまりないかもしれませんが

一度弾いている姿勢を見てみてください

肩が上がっていませんか?

肩が上がっているということは余分な力が入っているということです

ピアノを弾く時は手をブランとさせる

そのまま手を鍵盤に乗せる

この状態で弾くのが最も望ましい姿勢です

肩が上がってイカリ肩になっていたら余分な力が入っていているということです

そのまま弾き続けると肩こりの原因になります

肩や腕をブラブラさせたり肩を回してストレッチする

疲れてきたと思ったら

鍵盤から手を離し、肩や腕をブラブラさせ

肩を回してストレッチしてから再び弾きましょう

ゆっくり弾く

練習しているといつの間にかテンポが上がっていませんか?

早く弾くとどうしても力みやすいです

メトロノームに合わせてゆっくり練習し、無理のないテンポ設定で練習しましょう

まとめ

・ピアノを負担なく弾くには脱力が必須

自分が弾いている姿を確認し、肩が上がっていないかフォームを意識する

・腕や肩が疲れたり張ってきたと感じたら、ブラブラさせ肩を回してストレッチする

・メトロノームに合わせてゆっくり弾く

弾くことに熱中していると力が入っていることに気が付きにくいものですが

少し意識しているだけで体への負担が減り

長くピアノを続けていけます

練習の際の参考にしていただけたら幸いです

ピアノを始めたあなたを応援しています

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました