akikoのプロフィールはこちら

【コード】M7th・7thコードを迷わず押さえる方法|ピアノ

コード・楽典・音楽理論

7th(セブンス)とは 7番目の音という意味で

ルートから数えて7度の音を表します

今回は音楽理論的な説明と

裏技・実践での考え方の2種類の説明をします

私は理論的に理解することよりも

実践でどれだけ演奏に活かせる方が大切だと思っています

例えば学校の英語のテストで優秀な点数を取れても

英語が話せることとイコールではないですよね

音楽も同じで音楽理論を頭に詰め込んだとしても

演奏できるようになることとは比例しないんです

ですから今回は音楽理論的な考え方と

実践的な考え方をお話しします

akiko
akiko

7thをサクッと弾けるとかっこいいですよね!

7thの種類

7度とはルートからみて7番目の音です

今回はルートをCにしていますので7番目の音はBですね

7度には2種類あります

長 7度(M7th)と短 7度(7th)です

長 7度(M7th)

Cからみた長7度はB

長7度=完全5度+長3度

C〜G=完全5度、G〜B=長3度

短7度(7th)

Cから見た短7度はB♭

短7度=完全5度+短3度

C〜G=完全5度、G〜B♭=短3度

3度と5度の説明記事はこちら

3度

5度

具体的にコードで例を挙げてみましょう

CM7=C+M7(長 7度)

C7=C+7(短 7度)

ここまではルートから数えていく方法でしたが

7度の音はルートから数えると音程が離れていて

数えるのが大変です

ましてや演奏するときにゆっくり考えている時間はありません

そのードをパッと一瞬で鍵盤上で押さえなくてはいけないんです

そこで簡単な考え方をご紹介します

裏技|M7th・7thの簡単な見つけ方

ポイント

・7thはルートを1オクターブ上げて上から考えた方がかんたん

・具体的にはルートがCの場合

M7はオクターブ上のCから半音下げる

7thはオクターブ上のCから全音下げる

コードで表すと

CM7=C+M7th

C7=C+7th

この考え方ならルートから1、2、3、、と数えるよりもずっと早く押さえられます

では別のコードで練習してみましょう

クイズ

GM7は?    G7は?

DM7は?    D7は?

AM7は?    A7は?

答え

GM7→ソ、シ、レ、ファ♯  

G7→ソ、シ、レ、ファ

DM7→レ、ファ♯、ラ、ド♯

D7→レ、ファ♯、ラ、ド

AM7→ラ、ド♯、ミ、ソ♯

A7→ラ、ド♯、ミ、ソ

まとめ

  • 7thとはトライアド(3和音)に付加されるルートから数えて7番目の音
  • 長 7度(M7)と短7度(m7)の2種類がある
  • コードで表すときはCM7・C7のように表す
  • ルートをオクターブ上げて半音下の音がM7th、全音下の音が7th

コード理論を勉強する理由は

コードを見て演奏できるようになりたいからだと思います

ぜひ色々なコードをサッと押さえらるよう練習してみてください

最後まで読んでくださりありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました